愛車に傷がついた時の対処法
愛車に傷がついた時の対処法

はるか昔の事ですが / 39歳 女性

はるか昔の事ですが、あまりにも不便な通勤先のため、一時期バイクに乗っていました。
それまではバイクを考えたこともなかったのですが、残業などあると帰り道どうしようもなくて。自動車を購入できるほどの貯金もなく、知人に相談したところ、中古ですがバイクを探してくれました。

わたしは通勤の足にと思っていたので、少々の傷はあまり気にしませんでしたね。もともと中古のバイクですから細かい傷などは当然ありましたし。
でも、故障した際には困りました。
私では何ともできなくて、結局知人に頼るしかなくて。とても詳しい人なので頼もしかったです。

突然エンジンが掛からなくて途方に暮れていたときも、修理の手配を素早くしてくれました。
同じ職場ということもあって、この人がいなかったらバイクには乗っていませんでした。
そんなバイクも、事故で自爆してしまい、今はもちろん乗っていません。バイクって、危険な乗り物だと痛感しました。

以前お気に入りのバイクでドライブして / 51歳 女性

以前お気に入りのバイクでドライブして、十分楽しんだ後家に戻り、もう暗かったので、バイクの様子を見ないで家に入りました。
次の日は朝から仕事のため、結局バイクの汚れを見るのは二日後となりました。

その結果、タイヤにドロはついているだろう、とは思っていましたが、それだけでなく途中で鳥のフンまでつけられていました。
黒っぽい色なのでかなり目立っていて早速洗車しましたが、ドロよりも鳥のフンが取れませんでした。
ワックスもしたのですが、それでもダメでした。

同じバイク仲間に相談したところ、鳥のフンは酸性が強く塗装を腐食させるから短期間でも取るのが難しい、と言いました。
それでもクリーナーなら落せる可能性がある、と言われ、試してみました。
クリーナーで磨いた結果、完璧とはいえませんがかなり落ちました。
クリーナーは粒子が細かくて、その粒子も丸い形をしているので、傷つく割合が低いので、今回の鳥のフンの除去には適していた、と思われます。
黒に近いバイクは、入念なお手入れが必要だから、普段から気をつけるべきでした。